つらい時の対処法

誰しも仕事がつらい時はあります。
モチベーションの上下は誰にでもあり、仕方ないことでしょう。

その時にその気持ちを少しでも和らげる方法を紹介します。
まず、一つ目に、何かを達成した時に自分にご褒美をする習慣を設けることです。
例えば、好きな食べ物を食べるとか、洋服を買うなどでしょう。
このように、自分の好きなことを想像することでモチベーションを上げることができます。

二つ目は、最終的なゴールまで細かい小ゴールを設定します。
長距離走でもこの方法は利用されています。
例えば、ゴールまでまだまだ遠くてつらいので、まず目の前の電信柱まで行こうと小ゴールを設定して、小ゴールを達成したら次の電信柱まで行くことを次の小ゴールに設定します。
このように小さなゴールを積み重ねて最終的なゴールまで目指すのです。
例えば、仕事でも1日100回営業電話をかけなければならないとすれば、まずは10件の荷電をゴールとして設定して活動して、達成すればもう10件を次の小ゴールとして設定します。
この繰り返しで最終的な100件の営業電話を達成することができます。

三つ目は、三十分間は我慢してひたすら継続することです。
この三十分にはきちんとした理由があります。
人間は集中して作業を継続する際には最低三十分間の時間が必要なのです。
つまり、どのような嫌な仕事でも三十分間継続して続ければ、集中して作業することが出来るので、いつの間にか作業が終わっているものです。

以上、紹介した三つの方法で少しでもつらい気持ちが和らげれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です